カンボジアに支援医薬品を送るプロジェクト~見切り発車~

さて。。。9月22日に仙台に行ってから、これまでの約6週間ほど。

私には3カ月くらい経過しているような気分になるくらい、いろんなハプニング続出でした。

膨大で仕分けが重労働になるくらいな医薬品の量・・・

「支援医薬品」というバラバラで扱いにくい状態・・・

揮発性成分を含む製品の膨大な量・・・

予想をはるかに上回る輸送費・・・

カンボジアの洪水でネット環境の崩壊による現地との連絡不通・・・

カンボジア現地での保管場所の確保・・・

突然の輸送会社によるキャンセル・・・

困難を極めた日程調整・・・

[E:shock] [E:coldsweats02] [E:crying] [E:weep]

毎日毎日が「え?なんで?」「はあ?」「え?今更?」「もうやめて~~」の連続。

本当に課題が山積みでした。

でも、いろんな方々が書類作成や現地での医薬品の整理、仕分け、ラベル貼り等をしてもらったおかげで、どうにか少しずつ進んでいます。

費用は結局、合計120万。

私たちの要望にこたえてくれた企業の方々

健栄製薬さん

参天製薬さん

大幸薬品さん

本当にありがとうございました。

手ピカジェル;洪水で衛生環境の悪くなった場所が多く、水が使えない場所での擦り込み式の手指消毒剤、本当に助かります!

サンテビオ、サンテ抗菌、サンテALなどなど;抗菌、ビタミンやドライアイの目薬など、砂埃や排気ガスの多い現地では必要です。

正露丸;いま、特に洪水の影響で下痢が蔓延しているという連絡が来ています。下痢止めは現地では必要不可欠な医薬品です。

それから、まだまだ駆け出しのNGOに真っ先に支援をしてくださった

エーザイさん

法人会員第1号として頂いた寄付、活用させていただきます♪

支援医薬品の中に、セルベールもあるんです!ちゃんと持っていきますね。胃腸が悪い人多いので助かります!

この支援医薬品輸送プロジェクトに対して、個人的に寄付もくれた薬局の先生や友人

そして、個人的に費用を出してくれたNGOのメンバー!!

皆様のおかげで、NGOのメンバーによる実費も発生していますが、どうにかこうにか輸送費の目途が80%ついてきました。

すでにカンボジアに行く予定が決まってきましたので、ここで見切り発車をすることになりました。

現地の方もメールアドレスを変更してもらってどうにか連絡が取れるようになり、後は・・

日本からの通関手続き

カンボジアでの通関手続き

カンボジアでの受けとり手順の決定

この3課題だけを残すのみとなりました。

特に国内からの通関は、

膨大な量であることとや支援医薬品の残ったものなので、バラバラな医薬品を詰め合わせた箱がたくさんあることが結構、ネックになりそうです。

とにかく・・・あと一息。

今日も、書類の最終確認作業を頑張ります。

気合いを入れるのに、私たちのNGO活動のきっかけとなったNHK-BSの番組、地球ドキュメントMISSIONの録画を見ました。パワー充電して、もういっちょ、いきますかね。

441663106
101128_1
カテゴリーBlog

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。